> アルファベットをクリックするとそれぞれの作り方にジャンプします。

ママ目線のあったらいいな~を叶える可愛い雑貨作りが大好き! アイシングクッキー講師としても活躍中。

〈 道具 〉・はさみ・軍手
〈 材料 〉・3連ブロックフェンス・プランター・パームマット・土・鉢底石・お花
     ・ソーラーアクセントライト

一度3連ブロックフェンスのワイヤーを外します。バラバラになった大中小の木材ブロックを好きなように並べ直しながら、再びワイヤーで連結。
※手が汚れるので、軍手をはめて作業してくださいね。

ワイヤーは①で外したものを継ぎ足しながら木材ブロックをつなげてください。プランターの回りを囲うように輪っか状に連結したら、余ったワイヤーは何度かねじって巻き、内側に入れ込みます。

ブロックフェンスから中のプランターが見えてしまう場合は、パームマットでプランターが隠れるように包み込みます。パームマットは、はさみで切るか引きちぎるように裂いてプランターサイズに調整を。
※パームマットから粉などがボロボロと落ちるので外での作業をオススメします!

あとは、プランターに底石、土、お花を入れて完成です!ソーラーアクセントライトを付けると夜のアクセント照明としても雰囲気がでますよ。

〈 道具 〉・木工用ボンド・ドライバー(+、−)・トンカチ・新聞またはトレイ・ハケ・紙やすり
     ・グルーガン(ホットボンド)
〈 材料 〉・木箱2種(底あり、底なし)・文字付木箱・ニス・インテリア金具・ねじ
     ・飾り用フェイクグリーン

2種の木箱を、木工用ボンドで接着。はみ出たボンドは、キレイにふき取っておきましょう。
※ボンドがはみ出ると、③の作業でニスの色がつきません。

文字付の木箱を分解して、飾り用に使う文字付き板を準備します。釘の向きに注意をしながらマイナスドライバーを木箱の継ぎ目に挿し込み、トンカチでドライバーを軽く叩いて分解してください。
板の角が折れたり、かけたりしても雰囲気が出るのでOK。ただし、トゲが出ている場合は、ケガをしないようにヤスリをかけて。

新聞紙やトレイを敷き、①の木箱と②の文字付き板にお好みの色のニスを塗ります。ニスが完全に乾いてから、角をヤスリで削るとアンティーク感が増しますよ。お好みでヤスリをかけたら、木工用ボンドで文字入り板を木箱に貼りつけてください。
※ニス塗りは強い匂いがありますので、外で作業をしてくださいね。

最後にアンティーク風の金具をドライバーやグルーガンで飾り付けて完成です!
お好みでフェイクグリーンなどを添えてもオシャレですね。

〈 道具 〉・のこぎり・ドライバー・ハケ・新聞紙やトレイ・木工用ボンド
〈 材料 〉・すのこ2枚・ウォールフック2個・蝶番6個・ニス・黒板2枚・インテリアバケツ・チョーク
     ・S字フック

屋根部分になるウォールフック2枚を台形にのこぎりでカットします。

写真のように蝶番を使い、すのこの片端に①のウォールフックを取り付けます。蝶番を曲げたときにフックがすのこの脚側の板に当たるようにしてください。(フックがストッパー代わりになるのです!)

すのこ2枚それぞれにウォールフックの屋根を取り付けたら、屋根の着いている端を合わせて内側に蝶番を取り付けます。

蝶番を取り付けたら、新聞やトレイの上でお好みの色のニスを塗ります。

ニスが乾いたら2枚の黒板を木工用ボンドで貼り付けて完成です!
チョークを入れるインテリアバケツをS字フックで取り付けたり、フラッグを飾り付けたりしてもキュートですよ♪大人っぽくしたいなら植木バケツやソーラーアクセントライトと一緒に飾っても◎。

トップ