ホントにオトク??ある日の刈谷家では太陽光の話が持ち上がりました。

「刈谷家さんちね♡」ある日の昼下がり

ソーラーパネル(太陽電池モジュール)を新設する場合、費用の一部を国が補助してくれます。補助金の額は発電量(最大出力)1kWあたり15,000円又は20,000円。たとえば発電量が3kWで、設置費用が1kWあたり50万円だとすると45,000円の補助金が受けられます。(平成25年度・1kWの補助対象経費により補助金が2段階の設定となります)

また各市町村からの補助金も受けられます。基準や金額は市町村ごとに違いますが、たとえば刈谷市なら発電量に5万円をかけた額。もし発電量(最大出力)が3kWなら、3×50,000円で最大150,000円の補助金が受けられます。(平成25年度)

◆国の補助金については、太陽光発電普及拡大センターのホームページでご確認ください。
http://www.j-pec.or.jp/subsidy_system/

◆各市町村の補助金については、それぞれの各市町村にご相談ください。
参考サイト:http://sumai.panasonic.jp/solar/subsidy_info.html

「刈谷家さんちね♡」おとなりさん情報

家庭内で使い切れない電気は1kWあたり38円(税込)※で売ることができ、電気代の大幅な節約につながります。しかもこの値段は向こう10年間固定です。(※平成25年度再生可能なエネルギーの固定買取制度)
※10kW未満の場合。太陽光発電+燃料電池(エネファーム)などのW発電の場合は31円。

契約した時点の売電価格が10年間据置きされます

「太陽光+エコキュート+IH」にした場合の光熱費予想
「刈谷家さんちね♡」ママのへそくり 取り付け価格は1kWあたり約50万円×kW数目安。

トップ